トップ / 専門医師の診察のメリット

専門医師の診察のメリット

専門医師に出来ること

専門医資格を持つ医師からの診察

一般的に、医師免許取得後2年間を研修医として研修します。その後、大学病院や総合病院で勤務医として働きはじめますが、その時に診療科を選択します。内科であれば血液内科や循環器内科など様々です。その時に、例えば血液内科をメインとすることを決め、一定程度の勤務期間と試験などを経て血液内科専門医を取得します。もちろん専門の分野なので、他の分野を専門とする場合とくらべて圧倒的な知識量と症例数を経験しているところが大きなメリットです。

医師,システム

かかりつけ医師を通して専門医へ

「かかりつけ医」という言葉をよく聞くようになりましたが、私たちのイメージするいわゆる「まちのお医者さん」で長年診てもらっていれば患者さんの側からすれば何でも相談できる存在であり、医師の側からは患者さんの生活の様子も把握できているのでより適切な治療が行えます。そして、入院を必要としたり専門的な治療が必要な時には専門医に紹介することになります。この場合も、始めから自分で見当をつけてどこか専門の科を選んで受診するより、かかりつけ医を通して病院にかかった方が治療の面でもその他の面でもメリットは大きくなります。

↑PAGE TOP

© Copyright 国内でのかかりつけ医師. All rights reserved.