トップ / 医師の不足に関する問題

医師の不足に関する問題

地方に働く医師たち

地方に多い医師の不足

ようやく国の政策の中にも過疎化の進んできた地方をいかにするかということが大きな課題として取り上げられるようになってきました。人工の集中している、そして景気のいい東京では医療体制はかなり充実したものがあります。しかし過疎化の進んだ地域では医師の不足は相当深刻なものとなっています。古くから続いている医院がかろうじてその地域を支えているということも珍しくありません。地域の医療に求められているのは、都市部とは全く異なります。一人の医師がアラユル症状の患者に対して応急の処置に当たれるということが必要になります。決して専門分野にだけ特化している必要はむしろありません。幅広い患者に対してどれだけ初期段階により良いケアを限られた医療体制の中でできるかということが求められます。実家がかなり田舎の方にある医師などの場合は地方の事情もよく理解できているはずです。医療のなかなか届きにくい人材の不足している地域には多くありますから、そおような地域で活躍を志してもいいでしょう。

医師,システム

地方に不足している理由とは

医師不足は近年の間、医療現場において問題とされている事案です。医者の数は地域によって差があると言われており、都市部の病院と地方の病院とで受けることの出来る医療サービスにも差が出ているのも問題とされています。日本では、二年毎に医師が届出を出す決まりとなっており、免許を所持している人であればこの届出を提出することができます。しかし、この届出を提出していても、高齢で引退した医者や結婚や出産によって仕事をしていない女医などの数もカウントされており、実際に現場で働いている医者の数との差異があることも事実です。このような世間と現実との認識の違いも、医師不足の原因とも考えられています。また、それぞれの診療科の数にも差異が生じているので、患者が診療したい科が自分の住む地域には無い、といった場合もあります。ほかにも、少子化のために小児科や産婦人科などの医者や病院の数も減少しており、そこから様々な問題も浮上しています。

↑PAGE TOP

© Copyright 国内でのかかりつけ医師. All rights reserved.