トップ / 第二の医師の意見を聞く

第二の医師の意見を聞く

医師の意見について

担当医師以外の意見も求める

セカンドオピニオンとは、患者が治療法や進行状況を確認を担当医とは別の医療機関の医師に求めることです。その時に担当医から説明された診断や治療方針についての疑問や、別の治療方法についての相談をしたいときには有効な方法です。担当医の意見を別の角度から見ることもできるので患者本人が置かれている状況をより客観的に判断することが出来ます。実際の流れとしてはまず希望を担当医に伝え紹介状を受け取り、希望の医療機関のセカンドオピニオン外来に申し込みます。違う医師から説明を受け、そしてこれを受けた後は担当医にその結果を報告しこれからの治療方針を決めていくことになります。仮にセカンドオピニオンを受け結果や新しい情報を得られなかったとしても、これまでの治療に対する安心感を得ることが出来たり、あたら情報を得ることが出来れば患者本人が今後の治療の可能性を考えるきっかけにもなりますので非常に有効な方法と言えます。近年ではがん治療や精神治療の分野でも注目されるようになりました。

医師,システム

セカンドオピニオンを求める

自分が病気に罹患して病院に通院した場合に、自分はどうなるのか心配であり、より痛みが少なく副作用が発生せず、よりよい効果を上げてくれる治療を希望することは同然だと思います。ただし、目の前で一生懸命に治療してくれている医師を前にしてセカンドオピニオンを希望するのは、その一生懸命な治療を裏切るような行為に感じてしまって、なかなか希望できないことが多いと聞きます。日本人の感性では確かにそれは納得できる気がします。けれどもセカンドオピニオンは、不信感を表明しているものではなくて、医師とともによりよい治療をしていくために、つまりより納得して目の前の医師についていくために、他の視点から、病気について一般的なことを聞く機会を得るための表明なのです。セカンドオピニオン先では、病気についての一般論をさらに深く聞いて、自分の病気についてさらに詳しく聞けるチャンスとなるのであって、他の病院へ紹介してもらうというわけでないので、そういった前向きな意志を伝えれば、非常に良い選択肢なのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 国内でのかかりつけ医師. All rights reserved.