トップ / 医師の学会とはなにか

医師の学会とはなにか

医師の学会とはなに

医師の学会とは何をするところか

医師の学会とは各科ごとに専門家の集まりのことで、年に何回かありますが、総会と呼ばれる大きなものは年に一回開かれます。権威のある先生が参加するのでトップに近い人たちが集まり、総会になると2日から3日掛けてさまざまに場所で大先生の講演があり、海外から先生に来てもらって後援してもらったりもします。医師の学会では一般応募もありそこでは留学帰りの先生が自らの研究成果を発表します。これに出るとポイントが貰え、専門医を維持するためには欠かせないものです。

医師,システム

学会で医師が不在のときは

個人のクリニックでは学会の際は休診になることが多くあります。学会は木曜日が比較的多いため、木曜日をあらかじめ休診日としているクリニックも多くあります。大学病院や総合病院などは日曜祝日以外に休診になることはめったにありません。なぜなら、専門の医師が複数おり、その日に医師が休んだ場合でも、代わりに診察できるシステムになっているためです。もし、かかりつけのクリニックが休診になっていたら、大学病院や総合病院などを当たってみるといいでしょう。

↑PAGE TOP

© Copyright 国内でのかかりつけ医師. All rights reserved.