トップ / 医師の国家試験合格は

医師の国家試験合格は

医師の国家試験は

医師における国家試験

医師の国家試験は非常に難関ということで知られていますが、合格率自体はそんなに低くありません。これはどういうことかというと、そもそも医学部に入ることから難関であり、入ったとしても講義の難しさや範囲の膨大さ、手術に求められる集中力の必要性など、様々な知識や能力を必要とするので、やめていく人も少なくありません。そのような中で、医師の国家試験まで辿り着いた人が受けるものなので、合格率は自体は高いということになります。

医師,システム

医師国家試験の特徴について

国家試験とは国が認定する資格の1種であり、その資格がなければ従事することのできない仕事と言うものが多数存在しています。名称独占の資格もあれば、業務独占の資格もありますが、医師の場合には業務独占の資格であるといえます。したがって医師国家資格を取得していなければ医師としての仕事をすることができないのです。資格を持つという事は必要最低限の知識を身に付けていると言うことを証明するものであり、一人前の証ではありません。医療の現場においてはトレーニングを始めるための最低限の状態を保障すると考えるのが適切です。

↑PAGE TOP

© Copyright 国内でのかかりつけ医師. All rights reserved.