トップ / かかりつけ医師の重要性

かかりつけ医師の重要性

医師としての役割

かかりつけ医師をもつこと

かかりつけ医師はおそらく誰もがもっていることでしょう。病気は様々な症状が重なり合い、精神的なものもからんでいます。なので1つの症状だけでは診断がつけられないのです。その方の性格や今までの経緯、検査データ、その方の家族構成や生活背景などをしっかり把握したうえで診断する必要があります。なので重大な病気を早期発見するためは、初めていく病院よりはいつも通っている医院にまず行くことが大切な事といえるでしょう。

医師,システム

患者にかかりつけ医師は大切

今、日本の医療は機能分担されています。初期医療は診療所で、高度なものは病院へという形になっています。さらに機能分担をすすめるべく、200床以上の病院では紹介状がないと通常の保険診療に上乗せする形で、紹介状なし初診の料金を支払わなければならない形になっています。こうなってくると大切なのがかかりつけの医師の存在です。身近な診療所で、ちょっとした風邪などを診てもらうことができ、病状によっては、病院への紹介をしてもらえる環境、何かあった場合に往診をしてもらえる環境を普段から考えておくべきかもしれません。

↑PAGE TOP

© Copyright 国内でのかかりつけ医師. All rights reserved.