トップ

国内でのかかりつけ医師

医師と日本の制度

かかりつけ医制度の医師は

日本では、高齢化社会を迎えるにあたり、医療改革が必要であり政策の一つでもあります。医療費が年々財政を圧迫しているために、度重なる国民への増税や医療費の負担がますます増えてしまうことが予測できます。これにより財政が確保できたかといえばそうではなく、これからのますます医療費の占める割合が増えると考えます。日本の医療制度には、大きな病院での診察においては「かかりつけ医制度」によりかかりつけの医師からの紹介により診察を受けることが基本となっています。かかりつけ医制度とは、具合が悪くなった時にいつも患者さんの状態を診察する医師のこと言います。主に開業医や入院したのちに通院や投薬をしてくれている「医師」の事です。開業医では、ちょっとした風邪などでは診てもらえますが、詳しい検査や入院が必要な場合などの際には、施設がないために大きな病院を紹介して、その病院で対応してもらいます。大きな病院では、かかりつけ医からの紹介がなければ診療を受けることができません。全ての患者さんを大きな病院で診察することは不可能であるためにこのような制度があるのです。

医師,システム

かかりつけ医制度での医者の役割

高齢者が多くなる中で、介護保険制度を利用する人も多いのではないでしょうか。よく親の介護が~と耳にしませんか。40歳を過ぎて自動的に給料から引かれる(現実には将来の積み立てである)保険料の一部に加算されているものです。介護保険を実際に使用するにはまず自分が住んでいる市区町村に申請をしますがその際に必要な書類の中で、主治医(かかりつけ医)の診断書、いわゆる主治医意見書が必要とされます。文言には医師ではなくかかりつけ医と記載されています。ここでかかりつけ医制度がでてきます。介護という観点から考えると医師が医学的にただ見ることだけでなく、日常生活とのかかわりや障害の有無などを把握し近未来の行動等を知る主治医の意見を参考に介護度(要支援1~要介護5)の7段階にわけそれぞれのサービスに提供が異なります。 もちろん、高齢者だけでなく老若男女にかかわらず、日々の状態を管理してくれる地域に根ざし、ささいな変化にも対応してくれるのがかかりつけ医です。かかりつけ医制度によって日々の健康管理およびいざというときの頼りにすることも安心を得られます。

↑PAGE TOP

© Copyright 国内でのかかりつけ医師. All rights reserved.